会社案内

ホーム > 会社案内

ごあいさつ

有限会社敷津工作所

この度は弊社ホームページにお越しいただき、誠に有難うございます。

プレス加工や旋盤加工をはじめとする金属加工を手がける有限会社敷津工作所についてご紹介します。

このページの先頭に戻る

会社概要

商号 有限会社敷津工作所
代表者 代表取締役 後藤 孝
所在地 〒679-1111 兵庫県多可郡多可町中区鍛冶屋239-2
電話番号 0795-32-0256
FAX番号 0795-32-3930
設立 昭和62年5月(開業 昭和24年)
資本金 300万円
従業員数

6名

事業内容 プレス加工(電力開閉器の部分品、電車車両制御機器の部分品)
旋盤加工(変流器の部分品)
主要取引銀行

中兵庫信用金庫 中町支店

兵庫県信用組合 中町支店

主要取引先

東洋電機株式会社(兵庫県丹波市)
明興プラメック株式会社(兵庫県丹波市)
明興産業株式会社(神戸市)                                                    他

協力会社

17社 (レーザーカット  機械加工 溶接  ロー付け  熱処理 メッキ 塗装)

このページの先頭に戻る

アクセスマップ

有限会社敷津工作所-アクセスマップ

このページの先頭に戻る

沿革

昭和18年3月1日 依藤 順一氏(叔父)が大阪市浪速区敷津町2丁目7番地にて創設し、三菱電機の協力会社として軍需製品を製作。後藤正三(父)設立に参画。
昭和20年3月13日 戦災にあう。
昭和20年5月10日 政府の疎開命令を受け、兵庫県多可郡多可町中区鍛冶屋に移り復興する。
昭和20年8月15日 終戦に伴い民需品製作に転換し成業する。
昭和24年 屋号「敷津工作所」を後藤 正三(父)が受け継ぎ、兵庫県多可郡多可町中区鍛冶屋492番地にて事業を起こす。
昭和62年7月25日 兵庫県多可郡多可町中区鍛冶屋239-2番地にて新工場を建てるとともに、「有限会社敷津工作所」と法人組織になる。

このページの先頭に戻る